友達の間で通訳をして思ったこと

留学先で、英語がつたない日本人と現地の子との通訳になったことがありますが、そこで思ったのは、言った本人が目の前にいるから会話が成り立っているんだなあということでした。

もし言った本人がそこにいなくて、私が日本語や英語で通訳をしていたら、相手の微妙なニュアンスや表情はもう一方の相手には伝わらないわけですよね。私はそれによって誤解を生んでしまうかもしれません。その表情やジェスチャーを見たのは私だけですから。それをそっくりそのまま真似をするという方法もありますが、それはなんだかちょっと恥ずかしいですよね。

言葉を理解するのは大切ですけど、それと同じくらいその場の雰囲気を読むことは大切なんだなと思いました。同じ言葉でも、その場の雰囲気によって違って聞こえることがあります。日本語でも、「真面目」は良い意味で使われることも悪い意味として使われることも両方ありますもんね。通訳として言語を仲介するなら、本人同士がそばにいてほしいです。通訳は学校で学ぶ英会話の知識だけではできません。